乳酸菌は腸の速度を整えてボディを元気にしてくれます。

それぞれは思い切りコンディションを壊すことが多かったのですが、ヨーグルトや飲料で乳酸菌を加えるようにしたら、前までによって、身体を壊すことが少なくなりました。

なぜ乳酸菌を摂るようになったのかというとネットで調べたのですが、腸には善玉バイ菌や悪玉バイ菌が存在していて、こういうバランスが崩れるところ腹部の歩みが悪くなります。

ですから、乳酸菌を食する結果、腸を活発にしてくれ排泄を促していただける。コンディションが小さい時は便秘になります。

便秘になると、毒素が外に出ることが出来ず、体内に留まることになります。それが自分のコンディションを壊す元凶ということがわかったからです。

なので、便秘にならないように積極的にヨーグルトや飲料で乳酸菌を摂取するようにしています。今では腸の歩みも激しく、毎日のように排泄するようになりました。

嫁に任せ、晩御飯は必ず植物性乳酸菌を混ぜるようにもしてある。味噌汁とか納豆から摂取できるのでこういう2つは晩御飯には毎度出してもらっています。

一門だけ気を付けておる先が、空腹時に乳酸菌を摂らないようにしています。乳酸菌は胃酸に弱々しいので胃の中で乳酸菌が死んでしまう。

なので、何だか食べてから乳酸菌を服するようにしています。最近では、胃酸に負けない乳酸菌というのも商品で出ていますので、物品の経歴を見て貰うほうがよいでしょう。例のビタミンCが入った化粧品を使い始めたら、かゆみが出始めました。